自由を求めて

断食療法

前回書きました、

「病気と、健康という概念を捨てる」ということが
ことのほか、重要であると感じております。


あらゆる力の充満した状態から、死という二つの極があり、
人間はいつもこの2つの極の間を、行ったり来たりしていると考えると、


普段自分が、その階梯の、どの位置にいるのか、


という疑問が湧きます。




その疑問こそが非常に重要だと考えます。

なぜなら、多くの人が
気力、体力、集中力、など、あらゆる人間の持てる力に充満しているわけではないにも関わらず、
「病気」でさえなければ、「健康」であるということになり、
それで、あまりに多くのものを失ってはいないか、

人間に与えられた可能性の、多くを失っているのではないか
と思われてくるからです。




そこで、少なくとも、確実に自己に眠る力を
奮い立たせる方法があるということを、書いていたのですが、
そのうちの一つが
食事の制限と、性欲の制限であると書きました。



食事の制限とは、
まあ、断食療法のことと考えてもいいと思います。


これについて、説明を加えていくと、
書籍一冊分ぐらいは説明しないといけない筈なので、
詳しくは
甲田光雄
石原結實
船瀬俊介

などなど、いろいろな方が実際に多くの患者さんを治して、
多くの経験と共に本を書いていらっしゃるので、
そちらを参照していただけたらと思います。

ここに上げた3名は、さっと私が思い出した方で
食事を減らす事で力を得る、断食療法で割と有名な方達ですが、
この方法を実践し、推奨されている方は他にもたくさんおられます。

で、この3名とも、一日一食で生活をされている、されていた(故人もいるので)そうです。



一日一食というとわりとギョッとされる方も多いと思いますが、
これが、やってみると、割と難しくない。

もちろん段々にそこまでやっていくわけですが、(私は約半年をかけてその段階までやりました)
そこまで至る間に、今まででは
想像もつかなかったような力が、自分の中から湧き上がってくるのを感じるので、
正直やめられなくなってしまうのです。


私は、この小食生活だけで
日常的に使えるエネルギーが5割は簡単に増えたと感じております。


これの肉体、精神状態、知的状態に与える好影響は並々ならないものですが、

そのことについてまた、ちょこちょこと書いていこうと思います。

Leave a reply






Afficher ce message uniquement à l'administrateur

該当の記事は見つかりませんでした。