自由を求めて

夜の快感

昨日は一日、断食をしていました。
私はたまにこれをやるのです。

1月に一度、たまった毒を外に出す、というつもりでやっております。


断食はなかなか危険もあって、難しい部分もありますが、
一日の断食は、まず簡単に、危険なくできるので、
あまり無理せずこれを続けることにしたのでした。



断食にはいろいろな効果がありますが、
まず、顕著に現れるものは、睡眠時間で、
私の場合、食べなければ食べないほど、
必要な睡眠時間が短くなります。

昨日の夜、丸一日食を断ってから、うとうととしていると、
なんだかこのウトウト感が気持ちいーのです。
これは確実に脳内から、快楽物質が流れ出ているなぁと感じました。

なんですかね、このホルモンは。
もうなんだか、気持ちいー!と声に出したくなるような感じなんですよ。


その昔、村上春樹のエッセイで読んだことを、そうしながら思い出したのでした。
彼にとっては、睡眠というのは、ベッドに入ってから、朝起きるまで、
何らかの物質をチューチュー吸い続けて、それが吸い終わると、目が覚める
という感覚を持っている、というふうに書いていたのですが、
当時、それを羨ましい睡眠だなぁと思ったのでした。

きのうは、そうやってウトウトしながら、
あー、これだ。このチューチューって感じ。
わかるなぁ。

と、思ったのでした。w

2 Comments

ツバサ says...""
どうも初めまして~。
先日はブログにコメントして頂きありがとうございました!

たまった毒を外に出すというつもりで、
断食を行っているんですねΣ(・ω・ノ)ノ
それにしても、体験されているそのウトウト感。
そんなに気持ちいいのなら一度体験してみたいですね^^
2014.11.16 00:29 | URL | #- [edit]
zero hasegawa says...""
ツバサさん、

コメントありがとうございます。
気持ちよかったですよー。
ただ、これまで、5、6回断食した中で、今回が始めてだったので、
すぐにはそうならないかもしれないですけどね。
お試しあれー。
2014.11.16 01:20 | URL | #- [edit]

Leave a reply






Afficher ce message uniquement à l'administrateur

該当の記事は見つかりませんでした。